プロのお礼メールの書き方 (+ 例)

公開: 2022-11-21

今日の世界ではすべてが自動化されていますが、変わらないものもあります。 それは、感謝し、感謝を受け取る基本的な必要性についてです。 それは、刺激を与え、行動を促し、経済的報酬を伴うレベルで熱意を加える道徳的側面です。

感謝のメールが一般的に特徴付けられる場合、それは聴衆、パートナー、および同僚とのエチケットコミュニケーションの必要なステップの1つです. そして、これはメールマーケティングの必要なステップです.

お礼のメールを送信することは、相手の努力、時間、努力、サポートに感謝していることを専門的に伝えるための丁寧な方法です。 したがって、手紙の見栄えに注意を払う価値があります。 エラーやタイプミスがないことを確認する必要があります。 したがって、EssayTigers サービスで校正を確認することをお勧めします。 お礼状の質と有効性を大幅に向上させます。

通常、プロのエチケットで謝辞を書く必要がある状況はたくさんあります。 ほんの数の適切なフレーズで、顧客に刺激を与え、励まし、重要性を感じてもらうことができます。 そのような手紙は目的が異なる場合があります。たとえば、次のようになります。

  • ビジネス企業の感謝;

  • お客様のおかげです。

  • パートナーに感謝します。

  • 仕事をしてくれた同僚に感謝します。

  • お礼・ご感想など

この記事では、タスクを効果的に解決するお礼メールの書き方を詳しく説明します。

オーディエンスとのつながりを確立し、ポジティブなイメージを形成し、消費者、同僚、ビジネス パートナーからのロイヤルティを高めるのに役立ちます。

準備ができたら、始めましょう!

目次

  • 顧客に感謝できることがビジネス構造にとって重要なのはなぜですか?

  • 送り先別のお礼状の種類

    • ビジネス企業の感謝
    • お客様に感謝
    • パートナーに感謝
    • 同僚に感謝
    • 感謝のフィードバック
  • 効果的なお礼メールのコンテンツを作成する方法

    • トピックの明確さ
    • 訴える
    • 感謝
    • 簡潔
    • テクニカルポイント
    • サイン
    • 追加データ
  • 受信者にとっての電子メールの重要性

  • メールありがとうございます

  • お礼の手紙で最もよく使われるお礼のフレーズは何ですか?

  • 結論

顧客に感謝できることがビジネス構造にとって重要なのはなぜですか?

また、NewVoiceMedia の調査によると、ほとんどの顧客は、通常の顧客であっても、自分が評価されていないと感じて会社を変えます。 したがって、会社の収入と繁栄の主な原動力である人々に感謝することは価値があります。 最小注文をしたすべての顧客は、彼があなたを信頼していることを証明しています. そして、あなたの仕事は、この信頼を正当化し、感謝することです。 ありがとうメールの助けを借りてそれを行うことができます。 下記は用例です。

  1. 顧客を返します。 人が何かを注文し、会社のサービスを長期間使用していない場合は、以前に注文したことに感謝する手紙を送るだけで十分です。

  2. クライアントを維持します。 誰かがあなたのオファーを常に利用している場合でも、ボーナス、割引、またはその他の素敵な贈り物を提供して感謝します。 ほとんどの場合に機能します。

  3. 新しい顧客を引き付けます。 これを行うには、電子オファーで人々の活動を常に監視し、ニュースを送信し、手紙を読んでくれたことに感謝する必要があります。

送り先別のお礼状の種類

これらのお礼メールのそれぞれについて何が特別なのかを考えてみましょう。

ビジネス企業の感謝

新しいプロジェクトの実施後、そのような手紙をチームに送り、チーム メンバーの活動を強調し、その結果に感謝するのが適切です。 また、チームメンバーは、昇進やボーナスなどを受け取った後、そのような感謝の手紙を上司に送ることができます.

お客様に感謝

購入、サービスの注文、または会社の活動に関心を持ってくれたことに対する感謝のメールである場合もあります。 将来的には、潜在的なクライアントが永続的なクライアントになる可能性があります。

パートナーに感謝

これは最も重要な感謝の 1 つです。 結局のところ、すべての企業は、パートナーとの長期的な協力関係を築き、質の高いサービス、優れたサービス、成功した協力などに関心を持つことを目指しています。顧客の流れが不安定で、多くの要因に依存している場合、パートナーシップ関係はプラットフォームです。会社の活動は構築されており、その成功は安定性に依存しています。

同僚に感謝

同じチームで働いていて、人と直接コミュニケーションをとる機会がある場合でも、電子的なお礼状の形で行われた仕事に感謝する可能性を無視してはなりません. これにより、より多くの活動が促進され、必要とされていると感じることができます。 それは、経営陣、代理人、部門長などのおかげである可能性があります。主なことは、各従業員の行動の有効性を評価し、これを客観的に強調することです。

感謝のフィードバック

プレゼンテーション、展示会、または会議の後のパートナーまたは同僚への電子メール アドレスにすることができます。 彼らの存在があなたにとって重要だったことを強調してください。 また、採用担当者の真剣さと責任を示すために、面接後にお礼状を送信する必要があります。

望んだ結果が得られなくても、感謝のメールでコミュニケーションを終わらせるべき場合もあります。 たとえば、面接後、採用されませんでした。 しかし、いずれにせよ、コミュニケーションの機会と貴重で興味深い経験をありがとうございました。

逆に、あなたの会社が雇用要請の手紙を受け取ったが、空席がない場合は、示された関心に対してその人に感謝する必要があります. 感謝のフィードバックは、あなたが得た知識と経験に対する敬意と感謝の表明として、前の経営陣に送信することもできます. 特に彼らがあなたが新しい仕事を得るのを助けたなら。

効果的なお礼メールのコンテンツを作成する方法

まず第一に、お礼の手紙を受け取った人は、それが彼に宛てられたものであると感じるべきです. つまり、テンプレートに従った自動メールではありません。 お礼の内容をできるだけ個人的なものにするために、少しだけ努力してください。 手紙の内容の最適なサイズは 3 段落です。 長くなると、伝えたいことがわからなくなったり、最後まで読む気が失せてしまう可能性があります。

ですから、創造的かつ興味深い方法で「ありがとう」を言うことで、顧客の聴衆を増やし、新しいパートナーを引き付け、同僚を励ます方法. お礼のメールを作成するときは、人々に返信してもらえるものであることを忘れないでください。 したがって、次の簡単なルールに従ってください。

トピックの明確さ

手紙の最初の行は件名で、受信者が内容を読むかどうかを決定します。 したがって、トピックのプレゼンテーションを実験しようとしないでください。シンプルで簡潔にしてください。 これがテンプレートではなく個別のメールであることを強調するために、件名に受信者の名前を入力することをお勧めします。 つまり、この行から、人はどのような手紙を受け取ったかを理解する必要があります。

訴える

「こんにちは!」、「よろしく!」という挨拶があるはずです。 公式の手紙と「こんにちは!」、「こんにちは!」 -非公式で。 受信者の名前が不明な場合は、「サー、マダム!」というアドレスを使用する価値があります。 または「親愛なる-a、-y!」。

感謝

あなたがこの人に感謝していることを正確に説明してください。 同時に、礼儀正しくプロフェッショナルな口調を維持し、できる限り誠実であること。 言いたいことを隠さないでください。そうしないと、不誠実だと思われる可能性があります。

簡潔

手紙を作成したら、受取人の目を通してもう一度読みます。 手紙の主な本質から気をそらすすべての不要なポイントを削除します。 顧客として聞きたいことだけを残してください。

テクニカルポイント

モバイル対応の読みやすいフォントを使用してください。 特に重要な点は、太字の斜体で強調表示できます。 シンプルな基準に従うことで、文字の読みやすさが向上します。 多くのユーザーは便利な場所にあるガジェットでメールを読むことに注意してください。

サイン

会社からの感謝状の場合は、電子署名などで正式に署名する必要があります。 受取人の名前で他の非公式の手紙に署名するだけで十分です。 しかし、署名は必須でなければならず、匿名の訴えは少なくとも評判が悪く、せいぜい受取人に不信感を抱かせるだけです。

追加データ

手紙の受信者と引き続き協力することを決定した場合は、通信用の連絡先情報 (電話番号、勤務先住所など) を追加できます。

重要! 送信する前に、間違いがないか注意深く手紙を読んでください。 単純な技術的不正確さでさえ、受信者に不快な印象を与え、設定された目標を達成できなくなります。 あなたがこの手紙を真剣かつ責任を持って扱ったことを理解する機会を受取人に与えてください。

受信者にとっての電子メールの重要性

お礼の手紙を送ることで、礼儀と感謝の気持ちを示し、有益なつながりを築くことができます。 結局、受信者は次のようになります。

  • 既存のクライアント;

  • 潜在的なクライアント;

  • パートナー (既存および可能性あり);

  • 同僚

これらのオーディエンスはそれぞれ、企業の成功と繁栄を形作る上で重要な役割を果たしています。 顧客ベースを維持および拡大することで、パートナーに力を発揮できます。 そして、共同作業に基づく共同の成功は、従業員の道徳的および経済的満足につながります。

お分かりのように、お礼のメールのような小さなものは、関係を構築する上で重要なリンクであり、それらを強化する機会です。 したがって、顧客への感謝の手紙を使用する機会を無視しないでください。 これは、売り上げを伸ばすための優れたマーケティング戦略です。

メールありがとうございます

お礼の手紙を送れるのは会社の役員だけではありません。 従業員は、この対応のおかげで、上司の目から見た重要性を高めることもできます。 少なくとも、これにはいくつかの理由があります。

  • マネージャーのサポートやボーナスに感謝することで、感謝の気持ちとさらに一生懸命働きたいという気持ちを示します。

  • ワークショップ、会議、プレゼンテーションの主催者に感謝することで、イベントが役に立ったと感じることができます。

  • 感謝の気持ちでさえ、職業倫理のジェスチャーになります。 結局のところ、感謝されたのであれば、感謝する理由があります。

お礼状を送るのに必要なものは? 心からの願いとあなたの時間の少し。 それが迅速かつ寛大に報われると信じてください。 結局のところ、人々は彼らに対する誠実な態度を高く評価し、往復します。

お礼の手紙で最もよく使われるお礼のフレーズは何ですか?

お礼メールを作成するときは、基本的なテンプレートを使用してメッセージを開始します。 したがって、顧客に対して次のフレーズを使用できます。

お礼メール

お礼メール

お礼メール

お礼メール

お礼メール

したがって、感謝の手紙を書くときは、まず、受取人が理解できるように誠実に書いてください。テクノロジーとコンピューター化の世界では、感謝は依然として重要です。

結論

要約すると、ありがとうメールは受信者との特別なつながりを作ることができます。 このような郵送物は、既存のユーザーを維持し、売上を刺激し、元の顧客に戻すのにも役立ちます。

彼らの重要性を感じて、その人はあなたとの交流にもっと気を配り、興味を持つようになります.

私たちの推奨事項を使用して、読まれてタスクを解決するために使用される、プロフェッショナルで効果的なサンキューメールの作成方法を学びましょう!