モノのインターネットについて知っておくべきことすべて

公開: 2022-11-21

メタ説明: IoT (モノのインターネット) は、データを収集して共有する相互接続されたデバイスとセンサー システムの一種です。 IoT の歴史とその仕組みについて学びましょう。

朝食の準備をしていると、冷蔵庫が牛乳がもうすぐなくなることを知らせ、食料品店に 1 週​​間分を自動的に注文し、仕事から牛乳を受け取るようカレンダーにリマインダーを送信するとします。

玄関を出ると、車のエンジンが車のエアコン システムと一緒にオンになるので、入った時点ですでに車が冷やされています。 作業中、オフィスの照明と温度は、集中力と生産性に最適な条件に合わせて調整されます。 この設定はジェットソンズの 1 シーンのように聞こえるかもしれませんが、IoT (モノのインターネット) は、今日の家庭や職場で急速に現実のものになりつつあります。

モノのインターネットとは

IoT とは、電子デバイス、ソフトウェア、センサー、およびアクチュエーターの相互接続を指し、これらのオブジェクトがデータを収集および交換できるようにします。 IoT を使用すると、物理的なオブジェクトをインターネットに接続したり、相互に接続したりして、「スマート」または接続されたデバイスのネットワークを作成できます。 これらのデバイスは、データを共有し、タスクやプロセスを自動化できます。

IoTの歴史

IoT はしばらく前から存在していましたが、技術の進歩により最近注目を集めています。 IoT は、1970 年代に無線周波数識別 (RFID) タグが開発されて初めて可能になりました。 RFID タグは、RFID リーダーがワイヤレスで読み取ることができる一意の識別番号を発するアンテナを備えた小さなチップです。 このテクノロジーは当初、家畜の追跡に使用され、その後、小売、ヘルスケア、サプライ チェーン管理など、多くの業界で使用されています。

1990 年代にインターネットが登場し、よりマイナーで強力なコンピューター チップが開発されたことで、IoT が現実のものとなりました。 1999 年、当時 Procter & Gamble のプロダクト マネージャーであった Kevin Ashton は、RFID タグをインターネットにリンクしてデータをリモートで追跡および監視できるようにするプロジェクトに取り組んでいるときに、「モノのインターネット」という用語を作り出しました。 IoT は 2009 年に Amazon の IoT プラットフォームの立ち上げで始まりました。これにより、開発者はデバイスを AWS (Amazon Web Services) に接続し、IoT アプリケーションを構築することができました。 それ以来、IoT の人気は高まり続けており、農業から製造、ヘルスケアまで、さまざまな業界で使用されています。

IoT のしくみ

IoT デバイスは、センサー、アクチュエーター、コントローラーのネットワークを介してインターネットに接続し、相互に接続します。 センサーは環境からデータを収集してコントローラーに送信し、コントローラーはそのデータを使用して作動するアクチュエーターをトリガーします。 たとえば、車のエンジンのセンサーがオイル レベルが低いことを検出し、その情報をコントローラーに送信すると、コントローラーがアクチュエーター (この場合はオイル ポンプ) をトリガーして、エンジンにオイルを追加します。

IoT デバイスは、ワイヤレスまたは有線接続を介して接続します。 Wi-Fi、Bluetooth、セルラーなどのワイヤレス接続は、通常、消費者向け IoT デバイスに使用されます。 対照的に、イーサネットや USB などの有線接続は、産業用 IoT アプリケーションでより一般的に使用されています。

IoT データは収集され、クラウドのような中央の場所に保存されます。 次に、このデータにアクセスして分析し、効率の向上、プロセスの最適化、より良い意思決定に使用できる洞察を収集できます。

IoT の主な構成要素は何ですか?

IoT デバイスには、センサー、アクチュエーター、コントローラー、および接続性の 4 つの主要コンポーネントがあります。

センサー。 IoT デバイスはセンサーを使用して、温度、GPS、圧力、動き、光などの環境からデータを収集します。

アクチュエーター。 アクチュエーターは、信号に応答してアクションを実行できる IoT デバイスです。 たとえば、アクチュエータは、モーションを検出すると点灯する IoT 対応の電球である可能性があります。

コントローラー。 コントローラーは、IoT センサーによって収集されたデータを処理し、実行するアクションを決定するために使用されます。 コントローラーは、ローカルまたはクラウドベースのいずれかです。 ローカル コントローラーは通常、データを迅速に処理する必要がある産業用 IoT アプリケーションで使用されますが、クラウドベースのコントローラーは消費者向け IoT デバイスでより一般的に使用されます。

接続性。 IoT デバイスはインターネットに接続する必要があります。 Wi-Fi、Bluetooth、イーサネット、セルラーなど、さまざまな接続オプションがあります。

IoT の利点は何ですか?

IoT には、効率の向上、安全性の向上、コストの削減など、多くの潜在的な利点があります。

IoT は、タスクとプロセスを自動化することで効率を高めるのに役立ちます。 たとえば、IoT 対応のオフィスでは、部屋にいる人の数に基づいて温度を自動的に調整したり、不要なときに照明を消したりすることができます。 このタイプの自動化により、生産性を向上させながら時間とエネルギーを節約できます。

IoT は、リアルタイムの監視とデータ分析を提供することで、安全性を向上させることもできます。 たとえば、IoT センサーを使用して、危険物を監視したり、人や資産の位置を追跡したりできます。 この情報は、事故の防止や事故の際の被害の軽減に使用できます。

IoT は、資産の使用率を改善し、無駄を減らすことで、コストの削減にも役立ちます。 たとえば、IoT センサーは、機器やリソースの使用状況を追跡できます。 この情報は、メンテナンス スケジュールを最適化し、ダウンタイムを防止するために使用できます。 IoT は、照明、温度、およびその他の環境要因を自動的に制御することで、エネルギー消費を削減することもできます。

IoT の課題とは?

多くの潜在的な利点があるにもかかわらず、IoT は、データ セキュリティとプライバシーに関する懸念、相互運用性の問題、IoT 展開の高コストなど、いくつかの課題に直面しています。

IoT が直面する最大の課題の 1 つは、データ セキュリティとプライバシーに関する懸念です。 IoT デバイスは、多くの場合クラウドに保存される大量のデータを生成します。 このデータは、適切に保護されていないと、許可されていない個人がアクセスして使用する可能性があります。 IoT デバイスは通常、従来のコンピューティング デバイスよりもセキュリティが弱く、ハッキングやサイバー攻撃の影響を受けやすくなっています。

IoT が直面するもう 1 つの課題は、相互運用性の問題です。 多くの場合、IoT デバイスはさまざまな標準とプロトコルを使用して構築されているため、相互の通信が困難になる可能性があります。 この課題は、ユーザーの不満につながり、IoT 展開の可能性を制限する可能性があります。

最後に、IoT の展開には、専用のハードウェアとソフトウェア、および IoT デバイスのインストールと保守が必要なため、コストがかかる可能性があります。 これらの課題は克服するのが難しい場合がありますが、多くの組織が解決策に取り組んでいます。

IoTの未来とは?

IoT は、私たちの生活や働き方に革命をもたらす可能性があります。 IoT の導入は増加しており、新しいアプリケーションが毎日作成されています。 将来、IoT はますます普及し、すべてではないにしてもほとんどのデバイスがインターネットに接続されるようになります。

IoTも進化を続け、より高度で使いやすいものへと進化していきます。 IoT デバイスは、より小さく、より強力になり、より手頃な価格になります。 また、データの収集と処理の能力も向上します。 IoTもよりオープンになり、さまざまなメーカーのデバイスが通信できるようにする標準とプロトコルが使用されます。 IoT の未来は刺激的であり、可能性は無限大です。